みんなで分け合えば、できること。
タグ:鈴鹿8時間エンデューロ ( 25 ) タグの人気記事
あやしいアナウンス
 レース会場に欠かせない場内放送。
 何と言っても4時間と8時間だから、トップグループの順位を紹介しているだけでは時間が持つはずもなく、参加チームの紹介などもしている。幸い(?)パフォーマンス賞もあるためか(とんでもなく)奇抜なイデタチの参加者も多く、紹介するチームには事欠かないようではあったが。

 と曖昧なのも私たちのチームピットがチームスイートの裏側(表側?)に位置する関係か、よほど注意していないと放送が聞き取れない。
 しかし、たとえアマチュアとは言えどもレースである以上は避けては通れない

  ゼッケン番号○□のチームメンバーの方は、救護所へお越し下さい

というアナウンスは不思議と聞こえるものだ。同じ参加者として、ただ大事なきことを祈るばかりだけど...。
e0105152_823046.jpg
 そんな中、ピットで休んでいると

  ...あやしい...あやしい...。...あやしい...。

なんか何回も"あやしい"と聞こえたような気がして

  あっ、あかん!!!
  誰?!。今走っている2人は、誰や?!
  なんで"あやしい、あやしい"言うとるんやっ!!


とピットロードに駆け出してみれば、何の事はない私たちが紹介されていただけだった(どっと安堵)。

 後で聞いた話では、その前に私が予定周回の最終ラップに入って、次のこるなごな男が出番に備えてピットロードでスタンバイしていたところ、なんか「あやしい...あやしい...」とウルサイなぁ、と思ったら放送席ではなく、ま横にマイクを持った人がいたらしい(笑)。
 ピットボードが招いてしまったのかもしれないが、レースに精神を集中させようとしていたこるなごな男

  今、急がしいんじゃっ!!

と叫んだのかどうかは、サダヤカではない。だって私は、まだ走っていたから(笑)。
e0105152_8301815.jpg
 「あやしい」というキーワードがお気に召したのか、あるいはピットボードが目立っていたからか、その後も何度かアナウンスされた模様で、どうやらその1つを私が聞いて勘違いしたらしい。
 よく聞こえてなかったので知らないのだが、間違っても私たちの順位とかは言ってなかったよね、ねっ、ねっ!?(大汗)。

※ 業務連絡:ブログ用の写真が枯渇しました。至急コーホー担当までお届け下さい(笑)
[PR]
by galileo2007 | 2007-11-06 09:45 | ayacy日常
サーキットの夜明け
 11月4日(日)。星空の3時30分起床。家人を起こさぬように電子レンジで冷凍パスタを温めて朝食。ジャージ・レーパンに、防寒着をはおり準備万端。
 ところが「家を出る時に連絡ちょ~だいネ」とお願いしておいた隊長から、4時を過ぎても連絡がない。なんでだろ??と、4時6分

ガリwrote:
 みなさん、おはよーございます(^^)

バッソwrote:
 おはよう
 さぁがんばんべぇ!

こるなごな男wrote:
 よっしャ~!

隊長wrote:
 ごめん、寝坊した。今から出ます
e0105152_954361.jpg
...(笑)。
 というようにして(?)鈴鹿8時間エンデューロの1日が始まった。
e0105152_9322856.jpg
 朝焼けの中、ピット前で自車の最終整備に精を出す隊員たち。

 ピットと言えば、私たちは5時半過ぎには着いていたわけで(寝坊はともかく)(笑)決して遅い時間にサーキット入りしたわけではなかったのだけれど
e0105152_9412814.jpg
チームピット内には、こんなに細長い隙間しかあいていなかった(^^;)。

 一番奥に見えているのが、鈴鹿エンデューロに備えて作成したピットボード
 ピット・ボードとは言っても、タイムを表示したりスピードアップを指示したりする機能はない。だって隊員の誰一人として、指示通りにスピードが変えられるユトリがないから(笑)。あくまで大混雑しているピットロードに入ってきた隊員に、交代要員が待つピット位置を示すためだけのピットボード。
 ジャージの時から何かと話題の(ネオン)ピンクでしたが、このピットボードは大正解。大会事務局から割り当てられたピットが、ピットロードのほぼドンつき(一番奥)あたりだったのにもかかわらず、ピットロードの入口からでもはっきり見える。
 唯一の難点は、予定周回数をこなしてピットロードにたどり着き、見上げると

  えぇ~、まだあそこまで走らないと交代できないのかぁ

と少しメゲてしまう点(笑)。

 さて上の写真では、まだまだ早いから比較的ゆったりとした時間が流れているが、スタート時間が迫ってくると、にわかに人の出入が増えて慌しくなり、ピット全体に張り詰めた緊張感がタダヨウ。

 そして、まだ肌寒い中、熱い4時間がいよいよ幕を開ける。
e0105152_11391387.jpg
※ 説教みたいになってしまうが、ホームページにも大会パンフにも、チームピット内では火気厳禁だと書いてあるのに、カセットコンロを使っていたチーム。4輪2輪のレースで使うのと同じピットなんだから火気厳禁は当然。心ない一部の参加者のために、鈴鹿サーキットでサイクル・エンデューロが開催できなくなってしまうことのないようにルールを守ろう。
 込み合うピットでもトイレ(^^)でも、お互いに整然と、そして譲り合いながら気持ちのいい1日を過ごせただけに、ちょっと残念。

[PR]
by galileo2007 | 2007-11-05 17:30 | ayacy日常
業務連絡 鈴鹿8時間エンデューロ大会
走るのに必要なもの
 チームジャージ、レーパン、ヘルメット、グラブ、シューズ、サングラス、ボトル
 シマノ鈴鹿で配布した交通安全のお守り
 参加確認証(隊長と副隊長のみ)

※ まず最初に抜き型を準備します
e0105152_1626522.jpg
寒かったら走るのに必要になるもの
 ジェージ下に着るアンダー、指ありグラブ
 アームウォーマ、ニーウォーマあるいはレッグウォーマ

雨が降っても走るのに必要になるもの
 ウィンドブレーカ
 レーパンと靴下の予備
※ 参考までに開催当日が雨となった2005年の模様は、こちら

出番を待っている間に必要なもの
 ゴールドのベンチコートまたはウィンドブレーク・ジャージ
 新城で貰った携帯用座布団

※ 次に、抜き型をあててポスターカラーを塗ります
e0105152_16332499.jpg
帰りに必要になるもの
 着替え一式
 パンツ必携のこと(^^)。

事前に買出しが必要なもの
 アクエリアス2L、水2L(全員で)
※ ポカリは売ってないかもしれないので...粉末か?(^^;)

好みに応じて必要になるもの
 ウィダー、バーム、アミノバイタルpro顆粒、アミノバイタルSuperSports

※ 2列目を繰り返します
e0105152_16355116.jpg
パドックパスがあるから持って行ってしまうもの
 隊長商会の工具一式、メンテナンス・スタンド(笑)

買ってしまったから持って行ってしまうもの
 Nikon D80(爆)

※ 隊長と怪しい2号と私で作ったピット看板。
  って、オメーら何もしてねぇじゃ、ねぇか!?
  って、少なくとも私は、ホームセンターまで(1人で)買い出しにいったぞ(^^)。
※ というわけで、鈴鹿のピットロードでは、この看板を目印にピット位置を探しましょう

[PR]
by galileo2007 | 2007-10-31 09:30 | ayacy日常
鈴鹿8時間エンデューロ大会
e0105152_16465936.jpg
 鈴鹿8時間エンデューロ大会の参加確認証が届きました。

 組み合せは新城と同様に

  TZ-AYACYコーホー(開催当日の平均年齢44.0歳)
  TZ-AYACYシエン(同じく平均年齢32.6歳)

の3名、3名の2チームで、11月4日(日)4時間ロードに参加します。
 "参戦"じゃないよ。あくまで無事故無違反(?)で完走することが目標。
 って、この言い訳は前にも書いたな:-p

 と書いていて気づいたけど平均年齢の差が、1マワリもある!?ということは、1ラップまでは同着扱いってことか?(爆)。
※ ちなみに、コーホーには平均年齢を上げている人が1人、
  シエンには平均年齢を著しく下げているjrが1人います(笑)。
※ grayでも、しっかり数字が読めてしまったのでivoryにしました。

[PR]
by galileo2007 | 2007-10-26 08:00 | ayacy業務連絡
ウィダーでお買物
 10月22日(日)鈴鹿8時間エンデューロを、隊長と見学に。

 来年TZ-ayacyでの参戦に向けて、各チームの動向を確認に...行くはずもなく(笑)、主目的は、テントショップでのお買物。

 ちょっと前から、ガリレオにつけるサドルバックを考えていたのだけど、近所のスポーツデポには黒ばっか。TIMBUK2は、小さいのしか置いてない。
 しかし残念ながらシマノ鈴鹿ロードの時よりもテントの数が少ない。動員数の差か。
 お目当のサドルバックも殆どなく...残念。
e0105152_10363595.jpg

 代わりに、ウェア類を物色。
 ESCAPEではユニクロ一色(笑)だったのだけれど、さすがにピナレロだからさぁ、買ったのが(急に関東風)。
 もうちょっと「それなり」の方がよくない?。考えすぎ?
 それに背中のポケットから何か取り出すのって、何か本物っぽいでしょ。

 あとパンツも安かったので買ってしまった。
 初めてのオマタパッドつき。
 これで老後も安心さ(おいおい)

 一方、隊長は"こるなご"な男のためにスタンド。それと自らのためにハンドル

 私は、隊長と同行していて隊長がハンドルを買った場面に2回遭遇している。つまり2本ね。
 そして何かの機会で出会った時に、新しく買ったハンドルを持ち歩いていたことも、何度か...。ハンドル・フェチ(?)。
 やはり隊長は違う(何が?)
[PR]
by galileo2007 | 2006-10-24 17:00 | 自転車(その他)