みんなで分け合えば、できること。
タグ:シマノ・バイカーズフェスティバル ( 6 ) タグの人気記事
里山サプライズ
 里山ツーリングの参加資格は小学生以上となっていて、モトモトはタフなコース設定ではない。どうしてもダメという場合にも備えて、いくつかのポイントでショートカット・コースも用意されている、そんな親子で楽しめるツーリングなのです。
e0105152_11283450.jpg
と書いておかないと、来年から参加者が減ったりしたら困る(笑)。

 まぁ、そんなお気軽コースなのだけれど、ちょいとモノ足りない参加者のためにオプション・ルートも用意されている。前半に1箇所、後半に1箇所。
 本来のルートから少し外れて、"右側には落ちないでね"みたいな"ちょいと"厳しいルート...。だと思っていた(汗)。
 ところが
e0105152_11291567.jpg
 この力ないガッツ・ポーズといい
e0105152_1130671.jpg
 Vサインと笑顔が、どこかミスマッチな私たちなのだが、
e0105152_1131286.jpg
これだけブレまくっていても、笑顔が分かるこるなごな男は偉大である。

 あっ、話がそれた(^^;)。
 先の展望ポイントから、汽車のある補給ポイントまでのオプションコース。ここのノボリが、きつかったぁ。
 激坂!
 隊長怪しいjrは早々に見えなくなってしまい、聞こえるのは蝉の声と自分の呼吸音だけ。ず~っとオンロードだったのに、耐えられず降りて押してしまったyo...(しくしく)。
e0105152_13164560.jpg
 バイカーズ・フェスのphoto・galleryからの1コマ。心なしか表情が暗い(?)こともないか、別に(笑)。

 ちなみにバイカーズ・フェス大会レポートのプロモーション・ブースのページには
e0105152_13225034.jpg
物欲を押えきれずに各テントを回る私たちの姿が左上に捕らえられている(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2008-08-11 16:45 | ayacy日常
お気軽、里山ツーリングぅ~
 里山ツーリングの前夜、コースマップの確認に余念のない隊長...。
e0105152_15241324.jpg
 ばっそなダンナがユトリのVサインを出しているのも、
e0105152_15342730.jpg
こるなごな男が朝のブリーフィングからオドケているのも、
e0105152_15324061.jpg
ひとえに今日はツーリングだと、サイクリングだと思っていたから。そして確かに前半は"ポタポタ走って楽しいな"ってな感じなのでした。

 お気楽気分で
e0105152_74632100.jpg
 隊長みたいに先頭から逆手にカメラを持って、走行シーンを狙ってみれば自転車だけ?
e0105152_7474998.jpg
 もっと上だと言われても、ヘルメット(^^)。
e0105152_7482992.jpg
 そうか!もっと上なのね、と狙いはOK。でもばっそなダンナが写ってない(笑)。

 ちょいと上級向きに用意された前半のオプション・コースを抜けているときも、
e0105152_1092593.jpg
ダブル・トラックを駆けているときも
e0105152_10101560.jpg
シングル・トラック抜けているときも
e0105152_1072922.jpg
富士見の由来となる、この展望ポイントまでは、たいしたことはなかった。逆光補正かけまくったら背景がトンじゃったけど(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2008-08-07 08:00 | ayacy日常
昼下がりの終わり
 どうにかこうにか、4時間まで残り僅か。
 こるなごな男からばっそなダンナ隊長から怪しい2号へと最後の交代。
e0105152_7512887.jpg
ゴール前から最終周回に向かう2人。
e0105152_7541334.jpg
足もとが濡れているのは、あまりの暑さにゴール・ラインの前後で散水していたから。
e0105152_7563852.jpg
102 TZ-AYACY-A 30位 21LAP
e0105152_823071.jpg
101 TZ-AYACY-B 53位 18LAP
e0105152_864698.jpg
終わったぁ、お疲れぇ~。宿のお風呂でサッパリしようぜぇ!
 と浴場で汗を流したら6人の回りは茶色に染まり、ふとタオルを見ると、これまたまっ茶。全身汗だく、おまけに頭から水をかぶった上で、土ぼこりの中を駆け回っていたのだからあたり前だけど...お母さん(?)ゴメンなさい。
e0105152_1125593.jpg
 さぁ、これで明日は、のんびり里山ツーリングぅ!...の筈。だったのだけれど...。
[PR]
by galileo2007 | 2008-08-06 07:30 | ayacy日常
昼下がりの女神
 もともと"無事故完走priceless"をモットーとするTZ-ayacyなのだが、このフェスでは、より一層"無理は厳禁"を再確認して、残り3時間半を乗り切ろうと。

 そういえば
e0105152_180588.jpg
少なくとも、ちょっと表情が固い怪しいjrと、そこは年輪の差ばっそなダンナ、そして
e0105152_1824784.jpg
女神と胸襟を開いて語ろう?!、のガリには、女神がついているのだった。
 えっ!3人だけ?とか、まぁ、ウィダーは先週終わったんだけど、とか、for DIETはアミノバイタルだろうとか、細かいことは気にしない?気にしない?(^^)。だって、翌日ツーリングも終わって帰りがけに
e0105152_7382525.jpg
女神を見つける人もいる。
[PR]
by galileo2007 | 2008-08-05 08:00 | ayacy日常
昼下がりのジャージ
 さて前のエントリでも明らかなように、バイカーズ・フェスXCエンデューロのドレス・コードは、2007年版チーム・ジャージ。
e0105152_11134235.jpg
 土壇場まで天気予報が微妙だったため、"おニュー"のジャージ、それも白いジャージを泥まみれにしたくなかった。という理由と、やはり白では目立たないという理由(笑)。
e0105152_11213218.jpg
 その証拠に(?!)テントの設営をしていただけなのに、このジャージを着ていたら雑誌の取材が来たよ(^^)。今回も掲載されたら、またBiCYCLE CLUBを定期購読しないとね。

 さてXCエンデューロ初参戦で分かったことのひとつは、
e0105152_11381440.jpg
スタート時間が12時半だからあたりまえなんだけど、4時間ず~っと
e0105152_11415340.jpg
ただひたすらに暑いということ(大汗)。
 試走の時点から、やたらシンドイと思っていたのだけど
e0105152_11455116.jpg
これは前週の疲れを引きずっているだけじゃなくて、実は暑さに負けそうなんだということにレース開始後30分で気づいたのでした。残り3時間半。どうする、どうする、おれ(達)。
[PR]
by galileo2007 | 2008-08-04 17:30 | ayacy日常
フェス・フェス・フェス
 今回は、XC4時間エンデューロ終了直後のスナップから始めよう。
e0105152_874537.jpg
 もうえぇ、もう充分じゃ、た、耐久レースはもう...。とノケゾル隊長(笑)。

 7月26日。
 ウィダーは朝8時のスタートだったが、フェスの4時間エンデューロは12時30分のスタート。というわけで起床時間も2時半から3時半となって、比較的ゆっくり...
e0105152_14313370.jpg
してないか(笑)。まだ暗い4時集合。
 だって(する気になれば)自走できる鈴鹿サーキットと違って、諏訪南ICまで移動しなければならないもんね。

 現地に着いて駐車場から会場まではシャトルバス。荷物のみならず自転車ごと乗せてくれるので楽チン、楽チン。後からみえた人たちに「どうぞ、まだコッチ空いてますから、どうぞどうぞ」と手招きして、自転車を並べてみたら
e0105152_14405285.jpg
隊長のと同じGaryFisherじゃないですか。会場までの車中、僅かな時間に、隊長が彼と熱く語り合ったのは言うまでもない(^^)。

追伸
 諸般の都合により、フェスの記事掲載が遅れております。隊員各位の想像どおりの理由ですので(笑)、のんびりとお待ち下さい。

[PR]
by galileo2007 | 2008-08-01 15:00 | ayacy日常