みんなで分け合えば、できること。
<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
バンクも好きさ
 ゴールデン・ウィーク真っ只中の5月3日。AYACYピスト、バンク内にそろい踏み。
e0105152_7551812.jpg
 オープニングの1000mTTで既にお腹いっぱいの5人。
e0105152_7552656.jpg
 続くスプリントの予選前に隊長の知人であり、現役の競輪選手でもあるオオクワガタの親分が応援に駆けつけてくれた。
 親分のお知り合いが持ち込んでいたカラビンカのTT。
e0105152_755295.jpg
 スプリントではバンク半周200mを駆ける時間を競うのだが、その前の助走が肝となる。親分によれば計測点前のバンクの最上部から、いかに直線的に駆け下りて傾斜を味方にできるかがポイントらしい。

 スタンド椅子の色が変わるあたりからイエローラインの内側まで一気に来て下さい。
 あぁ、この人はアカン!計測点でイエローラインでは遅すぎる。
 あ、この人は、いい。いいね、乗れてる。降りる角度もいい。

とまぁ、個々のライン取りを詳細に解説してくれるので、とても参考になるのだが...。ライン取りがバッチりでも、肝心の、あ、脚が...(涙)。
e0105152_7553929.jpg
 昨秋のサバイバルに変わって15周となったスクラッチ。どっちにしろエライことには変りなさそげだったので、エントリーしたのは隊長のみ。
e0105152_7554127.jpg
 集団が順に先頭交代しながら周回を重ねていく。みんなが半周弱くらいで交代しているのに、生来の性格があだとなって(笑)先頭に立ったら1周頑張ってしまう隊長。
e0105152_755436.jpg
 その直後に、先頭が加速して集団に揺さぶりをかけたら、見事に撃沈...。

 午後はオオクワガタの親分に代わって、バッチさんが応援に来てくれた。バッチさんは怪しい2号の高校時代の自転車仲間で昨年の大晦日のレースを最後に現役を引退した元競輪選手。今回怪しい2号が乗っているピストはその引退レースの時のフレームで、まだ検車のラベルが貼ってあるというもの。

 スプリントのタイム順に4,5名でスタートするスプリント決勝は、2周で競う互いの駆け引きが重要となるレース。

 ここで、しかけたんでは無理やな。ほら、あかんでしょ。
 駆けるんなら傾斜を使わんと。あ、この人、上手い。

と午前に引き続き、午後もバンクを知り尽くしたコーチを擁するTZ-AYACYであった。問題は頭で理解したことを、脚で表現できるメンバーがいないということか(爆)。
e0105152_7554821.jpg
 秋に続いて
e0105152_755501.jpg
コルナゴな男も参加し、前回日程が合わなかったバッソも
e0105152_7554697.jpg
今回初参加。

 昔の自転車仲間が審判員になっていて前にもサーキットのレースで会ったりしていたのだが、今回はチャレバンの運営側で参加していた。みんな好きなんだよなぁ、自転車が。いつまでも、いくつになっても。
[PR]
by galileo2007 | 2011-05-31 11:00 | ayacy日常
がんばろう!日本。がんばろう!40代最後の春!
 それはお前だけだろ!という声が聞こえますが...。
e0105152_1135926.jpg
 ハンドルをケイリン仕様に戻してみたmakino。写真は位置出しをした直後で、この後またイロイロといじりました(^^)。
 そして怪しいガレージ前に
e0105152_1136422.jpg
揃えてみました4台のピスト。ロードフレームの「改」シングルもありますが、左端の1台は昨年末までケイリン場を走っていた現役バリバリの1台です。この話はまた別の機会に。
 そそ、TZ-AYACYは、明日(5月3日)「春のチャレンジ・ザ・バンク in MIE」に5名で出場予定です。前回は4名で3台のバイクを使いまわしましたが、今回5名で5台用意しました。
e0105152_11435938.jpg
 4月29日朝、交通量の少ない農道に持ち出してポジションの確認。そして前回軽くて回りすぎたギア比の反省から、実際に踏んだ感触も確かめました。
 昔、って、これまた30年くらい前ですけど(笑)、松阪が地元の自転車部は競輪場のバンクを走ることができましたが、そうじゃないと普通は走れない。そこで農道に1000mの距離を測ってTTの計測をしていました。しかし時代は変わり、昔使っていた農道は抜け道として交通量がそこそこあるような道になっており危険。そこで付近の農道を地図で調べると、どこも1000mの直線を取れない。いや1000mはあるのですが必ずどこかに交差点が入ってしまい、モガクには危険なんですね。田舎の田んぼも開けたということなのかもしれません。
 そんなわけで500m程度の距離として、スパートの感触を確かめる、に留めました。
 写真は、前日に隊長から話を聞いて農道までやってきたJINさんのONE NINEを取り囲んでいる図。ここに6台ある自転車が全部シングルという、ちょっとしたシングル・ミーティング(笑)。そして、この日初めてJINさんが元自転車部で競輪場を走っていたクチだということを知りました。
e0105152_149462.jpg
 何本かモガイて少し腿に張りを感じたところでアガリ。若い頃は無理したらそれが「チカラ」となりましたが、私たちが無理したら必ず「故障」につながりますから(笑)。
 写真は朝イチで怪しい2号とコルナゴな男が掘ってきた筍を、まるごとBBQコンロで焼いて食するの図。
e0105152_1415144.jpg
 モガイたあとのご褒美といったところです(口実?)(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2011-05-02 09:15 | ayacy日常