みんなで分け合えば、できること。
カテゴリ:ayacy私生活( 129 )
毎月第1日曜は走行会、6月の第3日曜は...
e0105152_15264312.jpg

[PR]
by galileo2007 | 2009-06-22 15:30 | ayacy私生活
Hard Days, Hard Weekend
 ちょっと更新がおろそかに...。
 6月7日、田辺さんちの走行会に隊長、怪しい2号と参加。
 安濃ダム。往路は"ず~と"向かい風、そして上り。前日、私は名古屋の焼き肉店で飲み会だったのだけれど、朝から初夏を思わせる日差しの中、マッコリとジンロと微妙に入り混じった不思議な汗をかきながら、クルし~...。
 傾斜のきつい最後の坂を上りきったところにトンネルがあり、いつもはトンネルで「ほっ」とするのだが、この日は「山々に吹く風をこのトンネルに集めてみました」というような突風がばふっ!とトンネル正面から吹いてきて、立ちゴケしそうになりました。
 そのかわり復路は、下りの追い風という素敵なコースでしたけど。
e0105152_88892.jpg
 はい、ごめんなさい。この日は指がかぶった写真しかありません。

 6月13日。来月に控えたやまめの学校には、怪しい2号jrを含め参加者6名で、MTB6台とロード6台を車載して長野まで移動する。隊長車にはロードを5台積んだ経験があり、あと1台ならいけるだろう、でもバッソマンカーにMTB6台積めるかどうか実証試験しないと分からんぞ。
e0105152_9251948.jpg
 ということで8時に集合し6台積めることを確認してから、バッソマンカーには4台4人乗れないので4台を隊長車に移して、隊長、怪しい2号、ばっそなダンナと私で伊勢市大仏山公園スポーツセンター。ながっ。
 隊長はともかく、みんな久しぶりのダート。怪しい2号は初の大仏山。
e0105152_9263189.jpg
 スタート直後の激坂を、後輪滑らさずに、前輪浮かさずに登れますか~、と

  そこで写真撮ってるお前がじゃまじゃ~!

と言われそうな図(笑)。しかし、まぁ、確かに久しぶりだけど、見事に1周で息がアガる。

  そんなに飛ばしたらシンドイやろうが
  あほ、ゆ~とれ、後ろから迫ってくるから逃げとんじゃ
e0105152_930917.jpg
 転んで歪んだ怪しい2号のペタルを直す隊長。でも転んだのはダートじゃなくて自動販売機から戻りのターマックだけどね(爆)。さらに大仏山はマッドでもターフでもないのに
e0105152_9325413.jpg
この汚れ。これってもしかして富士見パノラマの、バイカーズフェスの、暑い夏の思い出ですか?!(爆)
 帰途、立ち寄ったのは前回同様、玉城インター近くの
e0105152_9354222.jpg
でかいエビフライ屋さん。がっつり頂きました。

 翌6月14日。朝から芝刈りをして
e0105152_100931.jpg
こんなにアップにしたら"プチ"かどうか分からないけどプチトマトの生育を確認し、遅々として進まないけど晴れた休日には数枚単位で進んで(は)いる
e0105152_1014056.jpg
ウッドデッキの研磨、塗り替え。たまに自転車にも乗らず、飲み会にも行かず、ゴルフにも行かない(来週はゴルフだけど)日曜日ぐらい家庭のことをしておかないとね。
 この時点で大仏山のどんよりした両足のダルさに加え、両腕、腰に鈍い疲れを感じていて、午後はちょいと昼寝でもしてノンビリ過ごそうと思っていた。...のだけれど、チビたちのリクエストにお応えして市民プール。

 再来年にはマスターズ?0+に参戦を予定しているこの身。アミノバイタル・プロ3600でも出来ることと出来ないことがある(汗)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-06-15 10:15 | ayacy私生活
家族のリトマス試験紙
 朝、下のチビが

  ねぇ、うちって、サンミのすくない家族?
  んっ?うちは酢のものよく食べるほうだと思うけど?
  そうっ。うちに向いてないのかなぁ?このヨーグルト。
  ??
e0105152_89094.jpg
朝7時から携帯カメラ(笑)。

 「酸味の少ない」は、はたして「ヨーグルト」にかかるのか、「家族」にかかるのか。
 常識的に考えると「ヨーグルト」。しかし「ヨーグルト」にかけるのであれば、「家族」を前に持ってきて

  家族の酸味の少ないヨーグルト

とすべきところかと思うが、これだと「家族のヨーグルト」である部分が曖昧になってしまうので

  家族で食べる酸味の少ないヨーグルト

が分かりやすい。さらには

  家族で食べる、酸味の少ないヨーグルト

句読点なんか打ったりするともっと分かりやすくなるが、蓋に印刷するには字数が多すぎる(笑)。
 それとも実際に「酸味の少ない家族」というものが存在して、このヨーグルトを食べると不足しがちな酸味(笑)が増えるとでもいうのだろうか?ないない(^^)
[PR]
by galileo2007 | 2009-06-04 07:45 | ayacy私生活
みんなで国語自転しゃ
 大修館書店の「みんなで国語辞典」。明鏡国語辞典の編者である北原保雄監修。
e0105152_951398.jpg
 私が使っている電子辞書は、広辞苑と明鏡2つの国語辞典を収録しているのだけれど、というか2つ国語辞典を収録している電子辞書を探して買ったんだけど、広辞苑より明鏡の説明の方が私にはシックリくる。ということは2つの辞典を使ってみて初めて分かったこと。そんなわけで小学生のチビにも明鏡の携帯版を買い与えた明鏡ファンなのだが、この「みんなで国語辞典」は明鏡に出ていない言葉で辞典に載せたいと思う言葉を一般に募集して編纂された辞典。11万にも及ぶ応募作から選ばれた1300語、ただしオビにもあるように辞典としては「完全規格外」。

チャリる
(1)自転車に乗ること。自転車で行くこと。(2)募金すること(チャリティー)
チャリンポ
自転車で散歩すること。チャリ+サンポ(散歩)=チャリンポ。

 大学生や40代からの応募もあるのだが圧倒的に中高生からの応募が多く、通学に欠かせない自転車にまつわる言葉も多い。なんとなくポタリングよりもチャリンポの方が、よりお気楽な感じがするのは、私だけか。チャリンポには、クロスバイクも小径車も似合わない気がする。
 また、一生懸命に"こぐ"ということに関しても

激コギ
自転車を、立ち乗り、座り乗りにかかわらず猛烈な勢いでこぐこと。またはその様子。
激チャ
「激走チャリンコ」の略。急いで自転車をこぐこと。
ぼいこぎ
猛スピードで自転車をこぐこと。激チャとも。[類]もりこぎ
もりこぎ
自転車をすごい勢いでこぐこと。朝急いでいる時などにもりもりこぐこと。[類]ぼいこぎ

と多数。そもそも「もりもりこぐ」という説明さえも、よく分からなかったりするが。
 さてピットから

 おらおらおらぁ~、激コギせんかぁ、おらぁ!

と声援すると、うちの隊員、何名に通じるのであろうか?
[PR]
by galileo2007 | 2009-06-03 07:45 | ayacy私生活
炭火ロジー
 少し前に書いたように衝動のおもむくままに買ったダッチ・オーブン。まぁ、別に変わった料理をするわけでもないのだけれど
e0105152_11513788.jpg
手羽元を並べて
e0105152_1154589.jpg
海老などを肴に火の番しながら、ちょいと一杯。こうなるとカロリーZEROでもあまり関係ないのですが(笑)。しかし炭火を熾して、火力を見ながら炭をくべたりウチワで煽いだりして夕暮れ時を過ごしていると、なんか落ち着くのは私だけでしょうか?それともアルコールのせい?(笑)。
e0105152_11522045.jpg
そして、突然の雨にもマケズ頑張れば
e0105152_11535380.jpg
ロースト手羽元の出来上がり。
 と調子に乗って
e0105152_11575894.jpg
気がつけばオーブン・スタンドまで買い込むお調子者。
 新じゃがの皮をむかずにゴシゴシ洗ってそのまま、新たまねぎの頭とオシリだけ少し落としてアルミホイルでくるんでダッチ・オーブンで30~40分。どちらも素材の甘みって、こんなに入っているんだと認識できる一品です。

 おまけ(?!)、アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ。
e0105152_138113.jpg
 これは花まるマーケットで見て(平成21年5月19日放送)(何見てんだろ、私)どうしても作ってみたくなった一品。冷蔵庫にあったブロッコリー、花だけでは足らなかったのでブロッコリーの茎、インゲンと残り物のキャベツで作ってみました。いっぺんに4人前は作れなかったので、チビたち用の唐辛子少な目バージョンと大人用バージョンの2人前ずつ作りました。2人前なら茹で上がりから完成までの時間もドンピシャで管理できるからね。
 作った自分で言うのは反則かもしれませんが、これウマイっす(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-06-01 16:15 | ayacy私生活
忘れえぬ思い出の数々
 いきなりですが海老アレルギーの方、ごめんなさい。
e0105152_14423673.jpg
 浜チャリ参加時には焼津で仕入れてホテルの部屋で肴にしてましたが、前に書いたように今年はお休み。先日furimukebakaeruさんちのかき揚げを見てしまい衝動的に"ぽちっ"と。
e0105152_14434863.jpg
 ポン酢も、レモン汁も、醤油+しょうがも、いずれもまた捨てがたい。
 6日に注文、8日に届き、ポストに返却...は無論いたしませんが(^^)、小さな幸せ。

 こちらも期限があるわけでもなく、休みに晴れていれば
e0105152_145638.jpg
のんびりと風力発電で研磨...(嘘だよ)。

 5月10日は、田辺さんちの走行会。
e0105152_1526143.jpg
 広角よりで撮ったのか小径の2way FITみたくなってますが、終始とても軽そうに回していた怪しい2号。
e0105152_15285040.jpg
 ようやく上体のラインがしっかり出せるようになってきたみたいです、と自画自賛(^^)。でもヒザの位置が少し気になりますが...。
e0105152_14582598.jpg
 セルフタイマーをセットする前に自分のバイクを最前列に置き、そして自分がトップチューブに隠れてしまう、そんな隊長が私は好きです(爆)。
 この日のドレスコードは「白ジャージだと雨が降る、なんてジンクスはないんだっ!」と確認するために、白いモビルスーツ、じゃないっ!2008年モデル。おかげさまで真夏日でした(んっ)(?!)。

 自転車の心霊写真みたいでごめんなさい。
e0105152_15452511.jpg
 実は田辺さんちからの帰り、ガリレオを隊長車に車載しようとしたら水が出てビックリ。琵琶湖からそのまま入庫し数日ガレージで逆さ干ししてあったにも関わらず、チェーンステーかどこかに回り込んでいた水分が、走行による振動で再びシートチューブに帰ってきたのでしょうか?というわけで、まだ不安だったので、今一度逆立ちさせておきました。

 未だ思い出は尽きぬ...雨の琵琶湖(汗)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-05-11 16:15 | ayacy私生活
パパの選択
 何故か"昼間のパパ"と"パパの幸せ"とパパが続いたので、今回はそれをお題に。

 Phil Collinsブームが去り、って、いつの話をしているんだよ、という気もするけど、やっぱピークはNo Jackert Requiredかな。って、24年、ぎゃっ!四半世紀くらい前の話だよ、お前さん。大阪フェスティバル・ホールでソロ見たのは、たぶんこの3枚目を出した後のワールド・ツアーだったと思う。私が今まで見た、あらゆるコンサートの中で、これがベスト・パフォーマンス。
 その後ジェネシスとしてインビジブル・ツアーを大阪城ホールで見たんだけど、その期待が大き過ぎたせいもあり、またジェネシスとしてソロとの方向の違いもあり(当たり前)、ちょっと違った。圧倒的なバリライト・システムを駆使した見事なコンサートだったけど。

 話がそれた。Both sidesが重すぎ、LIGHTに軽やかになるはずのDance into the lightはパッとせず。そしてジェネシスはと言えばPhilが脱退したあとのCalling all stationsは見事に...。
 と興味を失ってしまっていたせいで、Testifyの発売にも気がつかなければ、再結成ライブがあったということにも、AmazonのオススメDVDに表示されるまで、全く知らなかったというテイタラク(汗)。あきまへんな。
e0105152_1634596.jpg
 というわけで(?)When in Rome。
 そう、Rome。

 いずこの地も、また捨てがたく...いや、ローマ!ローマです!

とオードリーも言っています(春日じゃないよ)(爆)。
 50万人ですか?!まぁ、もの凄い数の人たちですワ。カメラが舐めるように流すと頭がクラクラします。
 そして関係者でもないのに関係ありませんが、この規模になるとトイレの手配だけでも壮絶なものではないでしょうか?入場開始から閉演まで、いったいどれだけの人たちがトイレに並んだことでしょう?!
e0105152_11381269.jpg
 あかん、また話がそれた(^^)。
 これ、おまけ、というには出来すぎの3枚目"come rain or shine"。この再結成コンサート(ツアー)がどのようにして実現されたかを追いかけたドキュメンタリーです。
 本編DVDを見ると、このツアーで使用されたステージ(と言うか、ほとんど構築物ですが)(笑)、「設営と撤去にいったいどんだけ、いや、ナンボかかるんやろ」と必ずや心配になると思います。ステージ・アクトで右に並ぶものはない、と言われるジェネシスのステージに対するこだわり、Tony BanksとMike Rutherfordが執拗なまでに、そして実に仔細なことにまで口を出してステージを組み上げていく姿がこのDVDには記録されています。ステージ背後のスクリーンに映し出されるCGのキューを出すタイミングが、リハーサルを進めて行く中で大きな問題となるわけですが、ふつ~ステージ・マネージャあたりに任せるんじゃないかと思うそんな問題まで、2人は直接の回答を求めます、自分たちが納得できるまで。もうええかげん歳を重ねて来てこれなのですから、若かった頃はいったいどんな(偏執的な?)有様で打ち合わせをしていたのでしょう。

 あれっ、ジェネシスは3人。そうPhil Collinsは、演奏関係のリハーサルにこそ顔を出していますが、ステージの打ち合わせには(本番直前になるまで)ほとんど現れません。Peter Gabrielが娘と過ごす時間が欲しいとジェネシスを脱退して、Philがフロントマンとなった過去をこのドキュメンタリーはなぞります。そして今回「40回もステージをするのなら、うち20回はボーカル抜きだ」とスイスを離れたくない、子供たちと過ごす時間を大切にしたいと主張するPhilを撮っています。3度の離婚を経た彼に必要なのは、自らを"パパ"としての存在に位置づけることなのかもしれません。

 本番直前の突然の雷雨。懸命の復旧作業でも、いくつかのライトや機材がショートして動かないまま、入場・開演するステージ。そのステージに合わせて謳う、びしょ濡れの観客たちを順にカメラが映し出して、このDVDは終わります。
[PR]
by galileo2007 | 2009-04-17 09:00 | ayacy私生活
ポイントの有効期限
e0105152_11375692.jpg
 いきなりケースから始まりますが、4つ目のオークレーSPOKE 4.0。ケースつきでジャズドリーム長島7thアニバーサリー・セール。
e0105152_1635177.jpg
 もう察しのいい人は、気づいたでしょう。ちょいと前回からのインターバルが短いような気もしますが、春のポイント還元セール(^^)。

 実は3月29日の日曜を予定していたのだけれど、「高速道路どこまで走っても土日1,000円キャンペーン」(?)初の週末にあたり、いったいどんな有様になるのか不安だったので、翌週の4月5日に延期。このために
e0105152_7563499.jpg
田辺さんちの走行会「花見ライド」を欠席しました(低頭)。

 ジャズドリーム長島の昼時のフードコートとレストランは、いつも長蛇の列。そして北側奥のアイスクリーム屋さんもフト気づいた時は、いつも行列。
 今回は、朝一番にアイスクリーム屋さんに直行。ちょっと肌寒い気がしたけど
e0105152_833660.jpg
チビたちの幸せがパパの幸せです、はい(笑)。
 このアイス屋さん、アイスクリームを注文したり、出来上がるのを待っていたりする間に店員さんが歌を歌ってくれるサービスがあるのだけれど、なんせ初めてだから、そんなこと知るはずもなく。朝一番に、おそらくその日1番目の客として店の前に立ったとたん、(いきなり)歌が始まったものだから下のチビは、数歩後ずさりしました(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-04-10 10:15 | ayacy私生活
ランスとアルベルトと私。
 いきなりですが問題です。

 ランス・アームストロング

 アルベルト・コンタドール

 私galileo2007

 この3人の共通点は、何か?(笑)
e0105152_11181759.jpg
 前回に引き続き、なんか書評ブログみたいになっているけど、まっ、いいか?今年の繁忙期を乗り越えさせてくれたのは、ダイモンRのメンバーから借りたこの本。

  ツール・ド・フランス 勝利の礎

 ランス・アームストロングのツール・ド・フランス7連勝(1999~2005)の偉業を支え、ランスが引退した2006年は逃したものの2007年にはアルベルト・コンタドールをツール・ド・フランス総合優勝に導いた(つまり9年中8回ツール・ド・フランスで優勝した)監督、ヨハン・ブリュニールの著。
 ツール・ド・フランスに限らずさまざまなツールについても、またプロ自転車ロードレースのスケジュールというか流れについて全く疎かった私が、なんとなく分かったような気にさせてもらえたのは、この本のおかげ。
 しかしアタックを繰り返しライバル・チームのエースを疲弊させて、自らのエースの体力を最後まで温存する作戦。と言われても、ただフツ~に走っているだけで疲労困憊してしまい、勝手に減速して後退していく私には、よく意味が分からないのだが(汗)。

 「勝利の礎」読了後、その勢いでAmazonクリ~ック((^^)。

   ただマイヨ・ジョーヌのためでなく
e0105152_80950.jpg
 こちら講談社文庫。
 作者は当のご本人、ランス・アームストロング。英語表記ではwith Sally Jenkinsとあるので口述から起こしたのかもしれないけど。
 「勝利の礎」がエピソードを巡って時代が前後するのに対して、こちらは生誕から始まる自伝スタイル。残念ながらまだ読了していない。癌の転移が脳にも認められたところで立ち止まっている私(^^;)

 さてクイズの答え、3人の共通点ですが

 「3人とも開頭手術をしたことがある」

が正解です(自爆)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-03-17 10:00 | ayacy私生活
ずるいぞ!10才若返る透明人間
 先の東京出張の往路で読了したのが、これ。
e0105152_1311213.jpg
 ずるいぞ、このオビ!
 と思いながらも、クルム伊達さんの笑顔に負けて本屋で買ってしまったのでした。あっ、ちなみにこの本は伊達さんの本ではなくて、伊達さんのトレーナが書いた本です。お間違いなく(笑)。
 さらに副題に「簡単エクササイズ」とありますが、ぱらぱらっとめくって見れば分かるように具体的なトレーニングの方法が多数紹介されているような本でもありません。日常生活の中で、その習慣を見直すことでも体のエクササイズにつながるんだという内容です。この手の健康本(失礼?!)のイメージよりは、ぐっと読みやすくて内容も非常によくこなれていると感じました。

 途中まで読んでいたこともあり新幹線に乗る前に読了してしまい、売店で買い足したのが、これ。
e0105152_13295917.jpg
 売店の棚をざっと眺めて面白そうな本もなさそげなので、「まぁ、しゃあねぇか」とあきらめかけた時に...。ずるいぞ、このオビ!
 門外漢の私にとって、「ホーキング、宇宙のすべてを語る」に似た"読むことは出来るけれど何が書いてあるのか分からない日本語の羅列"という不思議な感覚に何度か囚われる。けれど、そこは新書。ちゃんと日常に連れ返ってくれるからご安心を。
 さて透明化の要点は、下記のとおり。

 私たちはヒカリを見ているのだから、後ろから来たヒカリを曲げてモノをぐるっと迂回させ、何もなかったかのように前に持ってくることが出来れば、そのモノは透明になる。ヒカリさえ自由に曲げることが出来れば。
 どうやら最近、見えない波長の世界では後ろから来た波を曲げて何もなかったかのように前に送り出すことができるようになったらしい。あとは扱うことができる波長をヒカリの範囲に持ってくるだけ、と、まぁ、そういうことらしい。すんません、曖昧で(笑)。

 ただしこの方法による透明化には難点があって、ヒカリはそのモノの周りを迂回してしまう(迂回させてしまう)ために、中にいる人にはヒカリが届かない。つまりモノの中にいる人には周りが見えない。
 したがってこの透明装置を作って女子更衣室とか女風呂に潜んでいても、ず~っと暗闇のままで何も見えませんので、あしからず(爆)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-03-02 17:00 | ayacy私生活