みんなで分け合えば、できること。
チタンなハートは、クロモリの夢を見るのか
 10時の開場とともに5人の隊員は、それぞれのお目当のブースに散る。次に全員が揃ったのは12時半過ぎ(笑)。昼頃には試乗コースが芋の子を洗う状態となっており、ロードを試乗してもちっともロードらしく乗れない有様となっていたのでした。

 私が最初に行ったのは、パナ。
e0105152_11275720.jpg
 実は土曜日チビと遊んた時に腰をひねったようでブースまで走ることが出来なかったのだけど、一番奥のブースだったおかげで「いっちば~ん!」。
 単に"チタンって、どんなんだろ?"の興味だけだったので、事前に何を調べるでもなく

 チタンに試乗させて下さいっ!

とお願いしたら、逆に

 柔らかいのとか固いのと、どっちにしますっ?

と問い返され

 うっ?!柔らかいのお願いしますっ!

と勢いで返事したのだけど、これ気持ちよかったです。固いフレームで踏んだら踏んだ分だけダイレクトにタイヤに推力がかかるのとは違って、BBのあたりが踏んだチカラを受け止めてからタイヤにグイグイと伝わって進むって感じ。分かるかなぁ~。1時間サイクルマラソンには、コレで出たいっ。
e0105152_1516242.jpg
 お次、アンカーの10th アニバーサリー・クロモリ・ロードRNC7 Pro。これムッチャ綺麗です。通常のクロモリ・モデルRNC7 Equipeがカーボン・フォークなのに、こちらはフォークもクロモリ・チューブで絶妙なRを描いてます。いやぁ~、欲しいっ、これ!新デュラで組んであるんですが、アルテ、それもSLのグレーじゃなくて、無印アルテのシルバーにして、ちょいとスパルタンなサイクリング専用車にしたいぞっ!でも完成車でしか売ってないんだよねぇ...。RNC7 Equipeみたいにフレーム売りして下さいっ!それもダメならフォークだけ売って下さいっ!
e0105152_15293273.jpg
 Proは限定モデルなので残念ながら試乗車はなく、RCN7 Equipe。
 チタンの根も乾かぬうちに、やっぱクロモリいいっ!と優柔不断、節操なし。私には絶対に、ニュー・モデルのインプレッション記事は書っけませ~ん(笑)。
 でも浜チャリは、これで行きたいっ。
[PR]
by galileo2007 | 2008-11-10 16:45 | 自転車(本体)
<< とんと、ご無沙汰しておりますが クロモリに宿るheart >>