みんなで分け合えば、できること。
12月は、師走
 12月1日は、チビの学校に地震体験車なんかがやってきて防災ディ
 さて写真は学校に備蓄してある防寒シート。とりあえず全校生徒が学校に1泊できるように、水や食料品とともに保存されているそうな。ついでに乾パン試食しました。
e0105152_13395257.jpg
 NTTからは、災害用伝言ダイヤルの説明と体験。毎月1日が「体験利用日」になっていて、原則として災害時に運用される171が、平時(?!)でも終日体験できるようになっています。「災害用伝言ダイヤル」という言葉は知っていても、詳しい操作方法まで説明できる人は少ないでしょう。詳細は、コチラ
 日本赤十字社からは、ハイゼックスという特殊なビニール袋を使った炊飯の体験。ビニールの小袋におこめと水を入れ、袋の口を輪ゴムで止める。これを沸騰している大釜に入れて30分ほど待てば、ご飯が炊けるという「あ~ら、奥さん、まぁ、不思議」(笑)。
e0105152_17474927.jpg
 翌日曜日は、田辺サイクルの月例走行会。ばっそなダンナ隊長の3名で参加。
 今回のお題は「ポタリング&スプリント」。ノンビリと晩秋のサイクリングを楽しみながら、周囲の安全が確保された状況になると、先頭が逃げをシカケて、後続が離されまいとモガク(笑)。ただし人数も多かったので、数百メートル限定で希望者(?)のみ。
e0105152_1831957.jpg
 これを数回繰り返していると、見晴らしがよくて交通量が少ない道路になった段階で、いつでもスパートが掛けれるような位置を確保すべく展開しながら、ギヤを選択していたりする(^^)。のだけれど、そういう時に限って先頭はシカケず、無用に重いギアを踏んでしまうことなり、そうすると少し悲しい(笑)。
e0105152_18203357.jpg
 いつもの中勢グリーンパーク(サイエンスシティ)に戻って、外回りを周回。ものの見事において行かれて、追い風のみ全力、あとはマイペースといういつもの単独行。終わってから気づいたけど、走行会としては「あ~ら、奥さん、"走り納め"だったのね」
[PR]
by galileo2007 | 2007-12-03 18:30 | ayacy日常
<< 年の瀬の"せんないこ... MARSのカエル >>