みんなで分け合えば、できること。
レースの女神は
 ホイルの気持ちよさから調子にのって周回を重ね、サイコン(サイクルコンピュータ)の平均時速を見ると32キロ。昨年のリザルトによれば、目標である前年より100位上位でゴールするために必要な平均時速は26キロちょい。乳酸が溜まってきた感じはあるけど、上りをマイペースに落として、この貯金を最後まで生かせれば楽勝じゃん!

 しかし女神様は、そんなに甘くはなかった。未だかつて、そんな勢いで回したことのない足が、悲鳴を上げていたのでした。
e0105152_13363646.jpg
 ※ ばっそな後姿
 ゴルフ場のティーグラウンドでコムラ返しを起こしたこと1回、フェアウエイでノタ打ち回ること数知れず、という経歴を持つ右足のフクラハギ。自転車に乗った状態でツったのは、サイクリング協会か何かのイベントで宮川ダムに上った時。つまり30年くらい前(^^)。あの時は上り坂で、そのままコケたなぁ、という嫌な思い出が...。

 「んっ」と微妙な違和感がフクラハギに。これは前兆?!。いやだぁ、こんなところでツりたくないよ~。軽めのギアにして回してみる、右手でフクラハギを叩く揉む、立ち上がって右足のかかとを伸ばす、右足のクリートをはずして思いっきり手で曲げる...。

 ちょいと違和感が遠のき、時間的には残り数周回、なんとか行けそうだと思ったスプーンカーブで...。

 ツった!ツったよ!ツっちゃったよ!いてぇ~よ!!!

 コース左端をダラダラ下る。やだぁ~、ここで降りたら、たぶん、もう乗れないよ、でも痛ぇよ~。激痛が走る右足のクリートをはずして左足でヘアピンへ。涙に汗が混じって目が痛ぇよ~、グラブで拭うと...なんだぁこりゃあ、汗じゃないぞ。
e0105152_13485448.jpg
 こるなごな男が声をかけて抜いた男は、鼻水をハンドルまで垂らしたデロレロな私(笑)。
 デグナーまでは下っていけるので、叩く揉む伸ばす曲げるボトルの水を掛ける、ちょっと動かせるかも、叩く揉む伸ばす曲げるボトルの水を掛ける、計測点まで上れれば、叩く揉む伸ばす曲げるボトルの水を掛ける、また下るからなんとかなるかも、叩く揉む伸ばす曲げるボトルの水を掛ける、ぎゃあ踏んだらいてぇ~よ!、叩く揉む伸ばす曲げるボトルの水を掛ける...踏めないけど回せるかも...。え~い、行ってしまえぇ!
e0105152_13532314.jpg
 最終周回、1コーナからメインスタンドの入口でこるなごな男に追いつき、

  まだまだ行けるぞ!ゴーゴー!

と並んでゴール。
[PR]
by galileo2007 | 2007-08-28 08:00 | ayacy日常
<< tz-ayacy、その正体 スタートの号砲が鳴り響きとき2007 >>