みんなで分け合えば、できること。
コラボレーション
そのココロは「共同研究。また、共同制作。合作」。国語辞典では、どうも曖昧だけど英英だと
the act of working with another person or group of...
と他の主体があることがはっきりします。
 一方、フュージョンは「ジャンルの異なる音楽を融合したもの」というと音楽限定みたいなニュアンスですが、これまた
the process or result of joining two or more things together to form one
となって、主体よりも2つ以上のものが混ざる、ということに重心があるようです。

と長々と考えてきたのは、他でもない。

  赤福氷は、コラボレーションなのか、フュージョンなのか?

 まぁ"赤福"も"カキ氷"も、ともに「和」ですからクロス・オーバーでは、ないでしょう。
※そないに、タイソウな(^^)

 日曜の私は、"泳げない小学生を、ちったぁ泳げるようにしよう!プロジェクト"の第2回。
 市民プールでは、スイムキャップが必須ということを前回、20数年ぶりに行って知った。先週、仕事帰りに買って帰り

e0105152_735755.jpg  こんなもんで、どう?
  えっ、あぁ、また手術するの?

 あのなぁ(笑)。

 そりゃまぁ、夕食後の片づけ中に話し掛けた私もイカんかったのかもしれんが(爆)

 一方、隊長怪しい2号親子は、日曜日

 参宮道を訪ねて赤福氷を食べにいこう!
※ALPSLAB routeにリンクしてます。

 実はこれ金曜日に、土曜日は矢頭峠に行ったものか、それとも赤福氷を食べに行ったものか、思い悩んで作ったのでした。世の中、便利になったものです、ほんと。

 参宮道沿いにある、へんば餅本店。
e0105152_1651451.jpg
 ちなみに、どんなエライ人でもお伊勢参りに来た人は、ここで"馬"を"返"したところから、この名があるのだとか。

 そして、赤福本店。お三人様、いらっしゃ~い!
e0105152_15571812.jpg
※ちなみに自転車で本店に行かずとも、JR名古屋タカシマヤでも食せます、ハイ。
[PR]
by galileo2007 | 2007-07-31 07:45 | ayacy日常
<< 空をこえて 赤尾の豆単 >>