みんなで分け合えば、できること。
赤尾の豆単
といえば早朝のラジオ放送

♪たら、たたたたぁ~、たら、たたたたぁ~、た、たたたたたらら...♪
※おぉ~!ついにインストロメンタル
 んっ、分からん?大丈夫、分かる人には分かる...筈(笑)。


 そして隊員内に密かに広がる"赤本"と言えば、"ヒルクライムバイブル"(笑)
 というわけで(?)、今回の目的地は"峠"。巨摩郡や藤原拓海が攻めるには幅員が狭すぎるが、私たちにはほどよい(?)"矢頭峠"
e0105152_7545116.jpg
 TREKのクロスに乗った地元の人に

  どこからですか?
  津からです
  ...
  あっ!そういえば、ここも津ですね
e0105152_7591930.jpg
 バスの終点、室の口バス停前の自販機。
 それにしても、この週末は暑かった。ボトルを2本挿していったのだけど、すぐに空。この後も道中、自販機を見つけるたびに立ち止まることとなる。
e0105152_7573130.jpg
 梅雨は明けたのか、どうかよく分からんが、夏の陽射しを浴びながら昇る登る上る...。
e0105152_8157.jpg
 矢頭の大杉があるキャンプ場で川遊びに興じる隊員たち。オッサンたちの水遊びが、はた目にどう映ったのかはともかく(^^;)水が心地よ~い。そして、ここから距離は短いのだけどファイナル・ローでも厳しい傾斜が続く。

  ヒルクライムバイブル読んだのにぃ、はぁはぁ
  ぜぇぜぇ、俺なんか2回も読んだぞ
  それなら俺の方が読んでるもんねぇ、げほげほ
  だから読むだけじゃダメだってバ、はぁはぁ
e0105152_832570.jpg
 読んだだけでも、上り切ったよ矢頭峠。そう、速度は問題ではないのです(^^)。
※しかしレースでもないのに、なんでチームジャージなんだろ(^^)
e0105152_895077.jpg
 そして放水中の君ヶ野ダムを経由して帰途につく。
※昼食は自宅で、と分かれ帰宅した私。久しぶりにぶっ倒れたように眠りました。
[PR]
by galileo2007 | 2007-07-30 08:30 | ayacy日常
<< コラボレーション 覚えてますか >>