みんなで分け合えば、できること。
道の途中
 furimukebakaeruさんの連載とsoratohanaさんの写真が載っていると有名な(?)「自転車人」。金曜日に、やっと入手。置いてる本屋が限定なんだよねぇ。

 前回のフレームビルダーもピスト寄りのコアな特集でしたが、今回もまたコアですね。
 今となっては、ランドナーという自転車ジャンルが十分マニアックだと思うのだけれど、ランドナーをさらに絞り込んでアルプス限定。いったい、この雑誌、どんな読者層に受け入れられているのだろう。なんかWiiで投票してほしいような気もするけど、果たして読者はみんなついて来れるのだろうか?
 いや"ついて"というよりは、ほとんど"憑いて"かもしれぬ(^^)。

 土曜日、走りながら

  隊長!「自転車人」見ました?
  あっ、いや、どうだったかなぁ
  ほらアルプスの...
  あぁ、ランドナーのやつ、見た見た

 少なくとも隊長"憑いて"いっている(笑)。

 「自転車人」を買ったとき、2冊の文庫本を買う。
e0105152_7583745.jpg
 もはや"走り出してしまっている"(?)私にとって内容は...ねっ。
 でも文庫本化にあたって、出版当初からの時代の移り変わりに対応するために相当原稿に手を入れてみえるのが"ありあり"と分かる。自分の原稿に手を入れるのって、それが古ければなおのこと大変な根性と努力が要る。だって全文書き直した方が楽だから(新刊にしてもいいし)。
 それを踏みとどまって加筆訂正してみえる疋田さんって

 「やっぱ自転車大好きなんだよな」

 そう!私たちは誰もが"丸井輪太郎"くんに出会いたかったのさ、道の途中で。
[PR]
by galileo2007 | 2007-04-25 08:00 | ayacy私生活
<< ayacy サプライズ 穏やかな土曜日には >>