みんなで分け合えば、できること。
地球防衛軍の必需品2
 知らなかったのだけどWILLCOMの端末には、携帯としての機能がW-SIMと言われるモジュールに詰め込んであって、そのモジュールを差し替えることで別の端末でも使える「着せ替えリカちゃん」みたいな(?)方式があるらしい。
 そしてスーパーワンセグTV Watchもその手の端末で、前からW-SIMを使っていたユーザーが差し換えて実際に携帯として使ってみた感想が、そろそろネット上に寄せられ始めている。のだが...どうやら私がトリセツ読んるとか、いないとかではなく結構悲惨なモヨウ。

 メールは、手動受信。このご時世に?。いくらNECとはいえ、PC-VANの時代じゃないんだってバ(^^;)。
 ワンセグの感度も、手持のW51CAより明らかに劣ってるんだけど、それだけじゃなくてPHSの感度も...そしてブラウザ動作もモッサリ...。

 "怪しい2号"、すまんけど私はWILLCOMとは契約しないワ。

 同封されてきたW-SIMプレゼントの申込書だと月額2,900円+新規契約手数料+年契約シバリだから1ヶ月で飽きて解約すると契約解除手数料4,200円

 それならバ月額低廉の待ち受け用プラン+新規契約手数料+でもW-SIMを別に買わないといけなくなって...。
 なんのかんのと1諭吉は必要だけど、その価値あるka...。

 しかし面白いのは、ネットに情報が出回ってくるにしたがって、見事にヤフオクの応札価格が崩れ始めているということ。届いた直後に5万で売り抜けた(?)のも見かけたけど、2万を割りはじめてるもんネ。それにしても今現在、50台近いスーパーワンセグTV Watchがヤフオクに出回っているが、5,000台の1%か...。

 むろん地球防衛軍としては、機能よりも(?)見た目が重要。

 フト街角で立ち止まり、ソデをヒジまでたくし上げアンテナを伸ばす
 何気にモニタを開いて...。(ここまででも、十分"何気"あるけど)
 "いもたこなんきん"の再放送を見る(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2007-03-12 07:45 | ayacy私生活
<< 速報!チャリ浜スペシャル 業務連絡 伊勢サイクルフェスティバル >>