みんなで分け合えば、できること。
そして5人が残った
 すっ、す、するどい!
 TZ-ayacyは、4人いるはず。
 チビのスタート準備に付き合っていたのは、隊長と私の2人。
 それ以外の2人は何をしておったのか。

 以下、ピット2階での会話(関西弁で再現してみました)
e0105152_14394723.jpg
  あのさぁ、スタートって9時ごろやったんちゃう。
  ちゃうやろ、10時やろ。
  そうかぁ。
  だって隊長のボトル、まだここにあるで。
  ほんまやなぁ。
  しかし、ぎょうさんスタート位置に並んどるで。
  ほんまやなぁ。
  あれ、なんのスタートなんかなぁ。
  ほんまやなぁ。

 この2人を大声で呼び、コースに急ぐTZ-ayacy
 すでにコース上には、ユースI、ユースWIが整列している。

  すいましぇ~ん、すんませ~ん。
  サイクルマラソンのスタートに出遅れたんでしゅぅ

 コース脇を駆けるアヤシイ4人
 コース上の辻々(?)に立つ警備員

  関係者以外は、コースから出て下さ~い!

次々に言われ、その度に出遅れたことを詫び...。

 なんとか西ストレート。ちょっと落ち着いて、回りを見渡すと仲間が4人

 んっ!
 なんで5人やねん?!

 私たち以外に、も1人、遅刻した人がいたのでした(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2006-10-21 15:00 | ayacy日常
<< "こるなご"... スタートの号砲が鳴り響くとき >>