みんなで分け合えば、できること。
がんばろう!日本。がんばろう!40代最後の春!
 それはお前だけだろ!という声が聞こえますが...。
e0105152_1135926.jpg
 ハンドルをケイリン仕様に戻してみたmakino。写真は位置出しをした直後で、この後またイロイロといじりました(^^)。
 そして怪しいガレージ前に
e0105152_1136422.jpg
揃えてみました4台のピスト。ロードフレームの「改」シングルもありますが、左端の1台は昨年末までケイリン場を走っていた現役バリバリの1台です。この話はまた別の機会に。
 そそ、TZ-AYACYは、明日(5月3日)「春のチャレンジ・ザ・バンク in MIE」に5名で出場予定です。前回は4名で3台のバイクを使いまわしましたが、今回5名で5台用意しました。
e0105152_11435938.jpg
 4月29日朝、交通量の少ない農道に持ち出してポジションの確認。そして前回軽くて回りすぎたギア比の反省から、実際に踏んだ感触も確かめました。
 昔、って、これまた30年くらい前ですけど(笑)、松阪が地元の自転車部は競輪場のバンクを走ることができましたが、そうじゃないと普通は走れない。そこで農道に1000mの距離を測ってTTの計測をしていました。しかし時代は変わり、昔使っていた農道は抜け道として交通量がそこそこあるような道になっており危険。そこで付近の農道を地図で調べると、どこも1000mの直線を取れない。いや1000mはあるのですが必ずどこかに交差点が入ってしまい、モガクには危険なんですね。田舎の田んぼも開けたということなのかもしれません。
 そんなわけで500m程度の距離として、スパートの感触を確かめる、に留めました。
 写真は、前日に隊長から話を聞いて農道までやってきたJINさんのONE NINEを取り囲んでいる図。ここに6台ある自転車が全部シングルという、ちょっとしたシングル・ミーティング(笑)。そして、この日初めてJINさんが元自転車部で競輪場を走っていたクチだということを知りました。
e0105152_149462.jpg
 何本かモガイて少し腿に張りを感じたところでアガリ。若い頃は無理したらそれが「チカラ」となりましたが、私たちが無理したら必ず「故障」につながりますから(笑)。
 写真は朝イチで怪しい2号とコルナゴな男が掘ってきた筍を、まるごとBBQコンロで焼いて食するの図。
e0105152_1415144.jpg
 モガイたあとのご褒美といったところです(口実?)(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2011-05-02 09:15 | ayacy日常
<< バンクも好きさ おそすぎる事はない、早すぎる冬よりも >>