みんなで分け合えば、できること。
"それはまた別の機会に"と言っておきながら
 ゴルフをしてなかった頃「せっかくの休みに、朝もハヨから起きて、何が悲してゴルフなんぞへ行かなあかんのか」と思っていた。後になって1時間以内にたどり着けるゴルフ場がいくつもある私たちが、いかに恵まれているのかを知ることになるのだが。
e0105152_11324827.jpg
 そんな私が、せっかくの休みに「朝もハヨ」どころか、深夜なのか早朝の前(?)なのか分からないような時間帯に起きて、真っ暗な鈴鹿サーキットの駐車場で自転車を降ろしている。これまた、とても恵まれていてサーキットまで1時間もかからないのだけど。
 というわけでスズカ8時間エンデューロ秋スペシャル。年2回もあると何がスペシャルなのか分からないけれど(笑)、楽しいからまぁいいか。私たちは例年のように4時間ロードに3人組2チームで参戦。
e0105152_11332856.jpg
 もうほとんど頭に入っている逆走の鈴鹿サーキット。おかげで日本GPなんかで、ちゃんとした向きに(?!)走っているのを見ていると、ちょっと気持ち悪くなるんだけどね(^^)。念のために試走。春SPの試走の時みたいに、トラブルがないとも限らない。

 ふと5月の記事を読み返したら「ちょいと試走時にトラブルがあったのだけど、それはまた別の機会に。」と書いておきながら、今までブログでそのことに全く触れてないことを思い出しました(笑)。
 な~に、リアホイールのハブが固着してエンドを削りながら共回りしてシャフトがねじ切れ、ボルトがシャフトもろともエライ勢いで右方向に吹き飛んだだけですけど(大汗)。試走時に私の右側を並走しているライダーがいなくて、本当によかった。
 このデュラ7850C24-CL、確かリムテープが要らないという触れ込みだったにも関わらず、やっぱりテープを付けないとパンクしますという販売直後からつまずいたホイルだったのですが(苦笑)、リア・ホイルごと交換処理となりました。交換後は、それまで本番用ホイルとしていたのを練習会や普段から使うようにして、8月のシマノ鈴鹿も7850で参戦。
 その後9月に入ってghisallo305をアルテ化するために田辺サイクルに持ち込んだのですが

 「ヨッちゃん、重かったやろ~」
 「そら、クロモリやから」
 「ちゃうちゃう、ハブがまた重たなっとたでついでにグリスアップしたよ」
 「あっ、そう...」

 シマノ鈴鹿は脚のせいだけやなかったのか...(?!)。
 そして10月。笑点、いやFOCUS(笑)にはめてディレイラーのインデックス調整をしておこうと、スタンドにかけてリアホイルを回し、ペダルから手を離すと...フロントのチェーンリングが回る。おいおい。チェーンリングをとめると「ちっ、ちちち」とすぐ止まる。おや、これじゃあ、ダルいシングルじゃないですか(笑)。
 今回はフリーボディの交換とあいなったのですが、少し軽くはなったもののやはりフリーが引きずる感じは消えず...エンデューロはizalco標準仕様のマビックで参戦することにしました。やれやれ、こんなに文字ばっかり書かなきゃいけないから「別の機会に」譲っていたんだな(汗)。
e0105152_1139539.jpg
 さぁ~て気分一新、バイクを乗り換えているメンバーが続出していますので、ここで一度整理しておきましょう(^^)。
 こるなごな男がCINELLIに乗り換えて、怪しい2号がTREKからCOLNAGO CX-1にフレーム交換したところまでは前に紹介したかな。
e0105152_11422321.jpg
 ばっそが乗っているのはFOCUS CAYOチームレプリカ。2011を待ちきれずに(?)wiggleから届いた"焦点"は、私の"笑点"のお兄さんです(笑)。
 前に使っていたTNIのフレームが瞬く間に小さくなってしまった怪しい2号jrは、隊長のLEMONDのフレームに乗り換えました。ご覧の通りピッタリです。ちなみにjrは、このレースが中学最後のレース。2007年シマノ鈴鹿ではユースⅡ、小学生だったのですから早いものです。そして気がつけば速いjrに誰もついて行けなくなった....。
 最後に隊長もLEMONDからフレーム交換しているのですが、ちょうど紙面も尽きました。それはまた別の機会に(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2010-10-27 08:15 | ayacy日常
<< 33年ぶり 笑点 >>