みんなで分け合えば、できること。
シロ・クロ・まっ茶、あずき、こーひぃ
 5月9日は、日曜日。でも第2だし。それに4日前にレースしたばっかり。
 でも、まさかの、田辺さんチの走行会。怪しい2号と2名で参加。
 安濃ダムに上り、加太へ抜けて、旧25号線から関宿。
 亀山を東海道で抜けて306号へ戻る。

  安濃ダムからは、サイクリングやから

 ほんまかぁ。
 確かに飛ばしてはないけど、平地とまったく同じ速度で登ってたりするんですけど。
 サイクリングって、こんなにシンドかったっけ?(^^;)。

 というわけでTZ-AYACYの考えるサイクリングを実践すべく(そないに大げさな)
e0105152_7514527.jpg
翌週の16日に隊長とバッソを加えた4名で再度、安濃ダムから加太に抜ける。効能書きはともかく、いいコースなんだな、これが。
e0105152_7544823.jpg
 むろんレースが4日前とかサイクリングとか関係なく、シンドイもんはシンドイ、という当たり前の結論に達す(笑)。この日は午前中に市内まで戻りたかったため関宿には抜けず、旧25号線を久我あたりから離れて名阪国道の脇道で関ICを目指す。
e0105152_7582495.jpg
 この脇道がなかなかにオモムキがあり、ほのぼのサイクリング。車もほとんど通らず、というかふつ~名阪国道を走るもんね、車なら。
e0105152_8105100.jpg
 そして石山観音から鈴鹿CCの西側を抜けて、いつもの安濃ダムの登り口まで帰ってくるルート。並びがちょいとおかしいですが、赤・青・黄色の信号色でまとめたTZ-ayacy M Gmbh。くそ~、リザルト2ページ目っ!
 って、もういいか。
 ちなみにTZ-AYACYが、スズカ8時間エンデューロ春SPのホームページで、大会レポートの「参加者の声」に掲載されてます。
e0105152_9501616.jpg
 「優勝インタビュー」でないのは当たり前ですが(笑)。「自転車消費」ではなく「自転車浪費」なのではないかと、私はヒソカに思っています(爆)。
[PR]
by galileo2007 | 2010-05-21 08:15 | ayacy日常
<< まはりくマハリタ 日本の文化、英国の伝統 >>