みんなで分け合えば、できること。
ABATHの逆襲
e0105152_1441236.jpg
 ばっそなダンナが8時45分にメインスタンド前を通過し、
e0105152_14421726.jpg
こるなごな男、怪しい2号jrからつないだ隊長が1分遅れで通過。M Gmbhの"打倒!ABATH3周交代作戦"は、順調な滑り出しを見せた。
e0105152_1533322.jpg
 ただ1周10分で1人3周すると2順目で3時間が経過する。残り1時間をどうするかが問題だ。計算上、2人が3周ずつ走れば終わるけれど、万が一3周回目ラスト1周でピットクローズの時間になった場合、最終走者が4周になってしまう恐れがあった。それなら3順目は2周交代で回せば、最悪でも最終走者は3周回で終わる。
e0105152_1542211.jpg
 なっ、それでいこっ!

と怪しい2号。ちなみに第1走者は怪しい2号、第2走者はばっそなダンナ、そして第3走者が私...。まぁ、えぇか、と思った私の考えが浅かったということに数時間後に気づく。
e0105152_1553745.jpg
 "打倒!ABATH作戦"に対し、ABATHも隊長が3周回をするなどして反撃。そのせいで近年マレにみる、っつ~か、TZ-AYACYエンデューロ史上初めて(だから、大げさだって)抜きつ抜かれつのレース展開。
e0105152_1513324.jpg
 メインスタンド前をどちらが先に通過するのかも、M Gmbhがスタンド前を通過してABATHがピットに来るか、ピットに来てからスタンド前を通過するのかも来てみないと分からない。そんなこんなでピットも、双方のチームが互いに交代作業を手伝っているのにも関わらず異常にテンションが高い。

  いけぇ~!今行ったばっかやぞ!

 こんな風に身内で盛り上がれる私たちって...もしかしてシ・ア・ワ・セ・者?(笑)
e0105152_1518778.jpg
 気がつけば3時間半あまりが経過し、なんと計算どおりに残り20分で第3走者の私に回ってきた。おまけに直前のLAPでは、ABATHとのタイム差がほとんどない。ABATHの最終走者は怪しい2号jr。

  チーム最年少と最年長の戦いじゃぁ~!いけぇ~!

と怪しい監督(?)送り出されたのだが...ピットロードからコースに出て、シケインまでの上りを見て気づいた。

  あ、あかんっ!足が売り切れや!

 ダンシングしようとしてもペダルに体重がのらずフラつく。仕方がないのでケイデンスを上げて、と思うのだけど循環器も既に疲弊していて長くは持たない。

 あっ!あ!今抜いていったん怪しい2号jrや。
 あかん、行ってまいよる。
 くそ~、見えとるのに近づけんっ!

と思ったのもつかの間、すぐに見えなくなった。
 1周回目のメインスタンド通過時、みなの声援を受けながら

 あか~ん!若いもんには勝てへん!

と叫んだのだが、果たしてどこまで聞こえていたのだろう(笑)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-10-01 09:45 | ayacy日常
<< 勝っても負けても 打倒!ABATH >>