みんなで分け合えば、できること。
打倒!ABATH
 昨年はサーキット改修の都合で7月に開催された鈴鹿8時間エンデューロ。私たちの参加する4時間エンデューロは今年、シルバーウィークの最終日9月23日に開催された。
e0105152_947530.jpg
TZ-AYACY M Gmbh
 ばっそ、怪しい2号、ガリ305

TZ-AYACY ABARTH
 隊長、怪しい2号jr、こるなごな男

 ちなみにM GmbhはBMWの、ABARTHはFIATのチューンアップ・ガレージ、というかホット・バージョンを作るメーカーなんだけど、エントリー時にミスタイプしたのか"R"が抜けて「ABATH」で登録されてしまった(汗)。
e0105152_843921.jpg
 さて2007年のツール・ド・新城に始まったTZ-AYACYのエンデューロ歴(おおげさ)の中で、実は隊長が入ったチームは連戦連勝、負け知らず。この8月のシマノ鈴鹿2時間エンデューロしかり。

  とりあえず2周交代と言っておいて、実際は3周で交代な。
  レース始まるまで秘密やで。

と言い出したのはM3ユーザーでもある怪しい2号。鈴鹿サーキットの長い長いピットロードで失うタイムを出来る限り少なくしようという魂胆、じゃなくて作戦(笑)。
e0105152_14142942.jpg
 計算してみると1周5.821kmのサーキットを、10分で周回できれば35km/h弱。
 仮に1周10分で周回し、ピットインで30秒失うと仮定すると

 3周交代の場合、平均時速は34.35km/h。
 2周交代の場合、平均時速は34.07km/h。

この平均速度で4時間経過すると両者には、1.12kmの差が開く。
 よっしゃっ!勝った!
 ABATH敗れたりっ!
e0105152_14194065.jpg
と思うのは勝手。そもそも第1走者の怪しい2号がこるなごな男の前で1周していき、第2走者のばっそなダンナがちっともスタンバイしなければ

  怪しい2号入ってくるでっ!
  うんぅ...いやぁ、実は
  ばっそ!はよ、せなっ!
  いやぁ、あのなぁ、うちらは

とすぐバレる(爆)。
 なんとレース開始後たった20分で、敵に筒抜けになる作戦なのであった。
[PR]
by galileo2007 | 2009-09-29 14:30 | ayacy日常
<< ABATHの逆襲 いつもココロに富士山を >>