みんなで分け合えば、できること。
さよなら、そして、こんにちわ
 9年間の長きにわたり暑さ寒さも彼岸まで、じゃなくて(笑)、共に苦渋を舐めてきた、というまでではないにしろ(大げさ)、頑張ってきてくれたプジョー206が先週、引退いたしました。40歳前にミッションに乗っておかないと、もう2度とMTには乗れなくなってしまいそうだ、という理由で選んだS16。家人たちには、何でそんなに小さいクルマばっかり乗るのだの、乗り心地が悪いだの、MTじゃ私運転できないじゃないのだの言われておりましたが、私にとってはかけがえのないパートナー。
e0105152_923334.jpg
 数年前からエアコンのガスがごくごくゆっくりと洩れるようになり、一度入れればひと夏は乗り切れるものの翌年エアコンが初めて必要になる5月頃には汗だくでディーラーに駆け込む必要があり、また何かの拍子に燃料計の針がずれてしまい、満タンにすると振り切り、1/2くらいを指している時には1/4、1/4を指している時にはほぼ0と、気をつけていないとガス欠になりそうだったり、ワイヤー・リンクで取り回してあるシフトは新車時からローが渋く、ストロークも長く、はたまたボディ・サイズにゆとりがない欧州車を右ハンドル化している都合上CBAペダル、クラッチ、ブレーキ、アクセルがハンドル中央からずれているので摩訶不思議な足首の角度が必要だったり、BAペタルの間隔が狭すぎて、ちょっと幅広の靴で運転するとブレーキを踏み込むときにアクセルも開けてしまうおそれがあり...。
 が、ちょいとウルサイけど2,000CCのエンジンはトルクも厚く、70,000kmを超えてもレブリミットまで淀みなく吹け上がり、ドライブ・バイ・ワイヤの車が多い中、アクセルペダルから伸びたケーブルがキャブレターに直接つながっている(たぶん)ダイレクト感。
 ただ細かいところには目をつぶるにしても、シート生地とサイド・エアバックの接合部がホツレてきたのだけは如何ともしがたく、場所が場所だけに自分で縫うわけにもいかず、かといってシートごと交換するとなれば...。
e0105152_10351120.jpg
 で、全長、全高ほとんど変わらず幅だけ少し広がって、排気量は1400CCにダウン。
 エアバックが1つもなかったゴルフに乗っていて、サイド・エアバックも装備しているコンパクトカーを探したら206になったのだけど、今回はNCAPで星5つ、カーテン・エアバックを装備したコンパクトを探したらMiTOになってしまった。ニィ・エアバックまでついているけど全幅1700mm超えてコンパクトかというと...ちょっと微妙。もはや1800mmに届かんとするゴルフよりはコンパクトだけどサ(苦笑)。
 さて今までホンダ・アコード・エアロデッキ、VWゴルフ、プジョー206と日、独、仏と乗り継いでまいりましたが、ようやく伊にたどり着きました。でも自転車のフレームは、伊(ピナレロ)から降ろしてしまったのですけど。
 さてMiTOと共に、今度は60歳まで歩んでいくつもりですが...えっ?!何?!ちょっとカワイ過ぎる?か?
 "ちょいワルおやじ"はもう古い、時代は"ちょいカワおやじ"ということでヨロシコ(爆)。
[PR]
by galileo2007 | 2009-08-11 15:00 | ayacy私生活
<< 煩、盆、ボン 雨のカメラお嬢 >>