みんなで分け合えば、できること。
生徒諸君!2(2日目ロードバイクの学校 午後の部)
 ハンドルを送った(前に倒した)くらいではダメだ、フレームが小さすぎる。と、昼イチでステムを交換されるガリレオ。
e0105152_1454597.jpg
 さぁ、ゲロゲロになるまで登ってもらいますからね、という堂城先生のお言葉どおり、登ります(笑)。
e0105152_11153457.jpg
 ここでもキモは、昨日のマウンテンバイクと同じく重心位置。重心位置を感じながら登っていると、ペダルが自然に落ちていく場所があるはずです...と言われても...。気がつけば、いつものようにハンドル引いて頑張って踏み込んでいる自分を発見。これではダメなんですぅ(汗)。
e0105152_11501028.jpg
 そんな私が、「なんじゃこりゃ」とたたずんでいるのは
e0105152_11512966.jpg
さらに、なんで怪しい2号が笑いながら登ってくるかと言えば
e0105152_115243100.jpg
2人揃って、あまりの登りにネジがはずれたわけではありません(笑)。その証拠にJrだって笑いながら登ってくる。みんなのハンドルをよ~く見ると、
e0105152_16233765.jpg
ぜ~んぶ異常にシャクっています。そして、このハンドル位置だと、さっき「ひぃ~こら」言いながら登ってきた坂が面白いくらい「こともなげに」登れてしまう。で、みんなが順に「嘘やろ」と試走に行くと...笑ってしまうわけ。

 なんでやねん、と言えば、このハンドル位置だと重心に鈍感な私でも見事に体の軸が出るのだとか。ブレーキレバーがとんでもないことになるので、さすがに常用することは出来ませんが、元のハンドル位置でも、同じように軸を出すことが出来れば軽快に登ることができるっ!

...はず(ちょっと弱気)。はずなのですぅ。
[PR]
by galileo2007 | 2009-07-13 07:30 | ayacy日常
<< 生徒諸君!3(2日目ロードバイ... 生徒諸君!(2日目ロードバイク... >>